助成金が支給される杉並区でエコハウスは建てよう

地球温暖化が問題になっている現在、地球に優しいエコハウスが重要視されています。気候風土や、自然・再生可能エネルギーを意識して建てられた建物です。地球だけでなく、家計にも優しいというメリットもあります。
杉並区でエコハウスを建てようと考えている方には、低炭素化推進機器の設置や屋上・壁面の緑化工事がおすすめです。同区でこれらの工事を行なうと、助成金が支給されます。

仲良しな家族

今の時代だからこそエコハウスは必要!

地球温暖化が問題視されている今、エコハウスに注目が集まっています。地球環境の改善への貢献が期待できるエコハウスの特徴やメリットについて説明します。

地球や家計に優しいエコハウスって?

エコハウスは省エネで光熱費が安くなる、というイメージを持っている方が多いですが、それだけではありません。地球環境保護や省資源もできてこそエコハウスなのです。地球環境に負担をかけずに建てることもエコハウスの目的です。
例えば、日本の地形は縦長になっており、地域によって環境が違います。暑い、寒い、雨や雷が多いなど気候風土が異なります。その気候風土や他にも敷地条件、ライフスタイルに応じて自然エネルギーを活用したり、地域の材料(自然素材)など身近にあるものを利用したりすることが求められます。このようにすることで、その土地に適応した、地球環境に優しいエコハウスで快適に過ごすことができるのです。

エコハウスには3つのテーマがある

前述の内容を意識しながら、3つのテーマを目標にエコハウスは建てましょう。3つのテーマはエコハウスを建設するときに重要です。

環境基本性能の確保

断熱・気密・日射遮蔽・日射導入・蓄熱・通風・換気・自然素材の8つは、エコハウスの基本性能です。これらの性能を導入することで、消費するエネルギーを最小限に抑えた、地球環境に優しく快適な生活を実現できます。様々な性能がありますが、その中でも今後は、熱を蓄えることができる「蓄熱」が重要になってくると言われています。従来は熱を蓄えるという考えがそれほどなく、熱エネルギーを無駄にしていました。しかし、これからは、熱を蓄えることで給湯や暖房に利用できる蓄熱の確保が必要になってきたのです。

自然or再生可能エネルギーの活用

環境基本性能を確保しつつ、自然エネルギーや再生可能エネルギーを活用することが必要です。二酸化酸素を排出する化石燃料に頼らず、地域の特 性を理解して、太陽光や太陽熱、風や地中熱を利用して自然エネルギーを利用することが大切です。 また、再生可能エネルギーとは繰り返し使えるエネルギーのことを言い、太陽光発電や風力発電、水力発電や地熱発電などのことを指します。例え ば、風力発電なら風があれば発電することが可能なので、何度利用しても枯渇することがありません。

エコライフスタイルの意識

自然エネルギーや再生可能エネルギーを導入したエコハウスで生活をしたとしても、ライフスタイルに変化がなければエネルギーの消費量は変わりません。エネルギーを無駄遣いしていては、「エコ」な生活とは言えません。ライフスタイルを見直して家電の消費量を削減し、性能の良さを発揮させましょう。日射を防ぐために庭に草木を植えたり、寒い場合は上着を1枚羽織ったりするとエアコンなどの家電の消費量を削減できます。ライフスタイルの意識を高めることで、性能を有効に使うことができるのです。

この3つのテーマを実現するためには、地域の気候風土や敷地条件などを理解することが大切です。また、地元産の木材を利用したり、その地域の昔ながらの工法やデザインを取り入れたりすることが求められます。3つのテーマを意識することで地球が喜ぶ生活ができますし、電気代の節約にもなるので家計の助けにもなるでしょう。

一戸建て住宅

杉並区のエコ関連助成制度

エコハウスには、従来の住宅にはない機器や機能を導入しなければならないため、通常の注文住宅よりどうしても費用が高くなってしまいます。杉並区では助成制度を利用してエコハウスを建てることが可能です。少しでも費用を抑えたいと考えている方は、助成制度を利用してみると良いでしょう。

工事費の一部を負担してくれる

低炭素化推進機器

杉並区は二酸化炭素の排出がない、または少ないエネルギー機器の太陽光発電システムや強制循環式ソーラーシステム、自然循環式太陽熱温水器、自然冷媒ヒートポンプ給湯機などの「低炭素化推進機器」の普及を推進しており、設置経費を助成してくれます。

①対象者

杉並区に建物を所有しており、対象機器を自分で購入して設置をする杉並区の方が対象となっています。現在、杉並区外にお住まいで、設置完了後までに杉並区民になる方も含まれます。その他にも対象者が設定されているため、区役所で対象者を確認してみた方が良いです。

②受付期間

受付期間は、平成28年4月4(月)~平成29年2月28日(火)までになっています。設置完了報告は平成29年3月17日(金)までです。予算枠があるため、それに達した場合はその時点で受付が終了します。受付状況が気になる場合は確認の電話をしてみると良いでしょう。

③必要書類

助成金交付申請書・機器概要・同意書・確認書などが必要になってきます。(※同意書は共有または自らが所有していない場合、確認書は申請者が代行者を定めた場合)他には契約書や見積書、パンフレットの写しや現況写真、設置計画図面の写しなども用意しておきましょう。

対象機器と金額(限度額のあるもの)

               
機器補助額(1000円以下は切り捨て)限度額
太陽光発電システム 4万円×太陽電池モジュール
交渉最大出力数(キロワット)
12万円
強制循環式
ソーラーシステム
2万円×太陽熱集熱器の面積
(平方メートル)
6万円
自然循環式
太陽熱温水器
1万円×太陽熱集熱器の面積
(平方メートル)
2万円

対象機器と金額(定額のもの)

           
機器金額
定置用リチウムイオン蓄電池 15万円(定額)
自然冷媒ヒートポンプ給湯器
(エコキュート)
5万円(定額)
家庭用燃料電池(エネファーム) 5万円(定額)

つみ木と電卓

つみ木と電卓

屋上や壁面を緑化する場合は、事前に工事費の申請をしなければなりません。事後申請だと対象外になるため注意をしましょう。助成金は当該年度の予算範囲で決まります。

①対象者

杉並区に土地を所有している、または借りている場合で、屋上や壁面緑化を行なう方が対象になっています。しかし、他の制度で屋上や壁面緑化関連助成を受ける方や、建築基準法やみどりの条例などを違反している方などは対象外となってしまいます。

②屋上&壁面緑化の助成基準単価
【屋上の助成基準単価】

個人:1㎡あたり25,000円(限度額:壁面緑化と合計して100万円)

法人:1㎡あたり20,000円(限度額:壁面緑化と合計して150万円)

【壁面の助成基準単価】

個人:1㎡あたり12,500円(限度額は屋上緑化と合計して100万円)

法人:1㎡あたり8,000円(限度額は屋上緑化と合計して150万円)

一戸建て住宅